熊本カフェ情報サイト・くまカフェ。熊本県内のカフェ・喫茶店・ランチ情報を掲載しています。

話題のキーワード

ランチ,下通り,デザート,チーズケーキ,モーニング,ディナー,アップルパイ,パフェ,オムライス,ベーグル,

最近見たカフェ

熊本地震により被害を受けられた皆様、謹んでお見舞い申し上げます。
現在地震の影響により、多数の店舗にて営業日、営業時間通りの営業が困難な場合がございます。
来店の前に、ご確認お願い致します。

vol.09 パンとスープとお散歩日和

パンとスープとお散歩日和

「カフェレシピ 〜おうちでカフェごはん〜」第9弾は、ドラマ「パンとスープとネコ日和」に出てきたオムレツサンドとミネストローネを再現してみました。この作品はたくさん美味しそうな料理が出てきますが、その中でも印象に残ったふわふわのオムレツサンド、具沢山のミネストローネをピックアップしました。
新緑が気持ちいいこの時期。お弁当箱につめて、ピクニックなんていかがでしょうか。

材料
オムレツサンド

材料(2人分)

食パン(6枚切り)
4枚
バター
適量
マスタード
適量
<オムレツ>
3個
生クリーム
15g
1.5g
こしょう
少々
ミネストローネ

材料(2人分)

オリーブオイル
15g
たまねぎ
1/4個
セロリ
1/2本
人参
1/4本
ズッキーニ
1/4本
キャベツ
1〜2枚
ベーコン(みじん切り)
30g
トマトピューレ漬け *1
200g
チキンスープ *2
400g
ショートパスタ
30g
ミックスビーンズ
50g
適量
こしょう
適量
パルメザンチーズ
適量

*1:トマトピューレ漬け:トマトを裏ごしや粗ごしにして、煮詰めたもので、トマト缶より味が濃く、いろいろな料理に幅広く使えます。市販のものはパックなどでも販売されてます。
*2:チキンスープ:チキンコンソメ10gを水400mlで溶かしたものです。

作り方

ミネストローネ


①野菜は全て1cm角に切り、鍋にオリーブオイル、たまねぎ、セロリ、人参を入れよく炒める。


②残りの野菜、ベーコンを加えサッと炒める。


③トマトピューレ漬け、チキンスープを加え、弱火で20分程度煮込む。


④茹でたショートパスタ、ミックスビーンズを加え塩、こしょうで味をととのえる。


⑤器に盛り、お好みでパルメザンチーズをふってお召し上がりください。

ミネストローネ 作り方のポイント!

この野菜が入らないとNGというものはないので冷蔵庫の中身と相談しながら作成してください。
野菜の他にはベーコンやソーセージなど動物性たんぱく質が入ると旨みがアップします。
セロリは茎だけでなく葉も刻んで入れると風味豊かに仕上がります。
オリーブオイルは仕上げにも少量かけると香りが立ちます。

オムレツサンド


①ボウルに卵を割りほぐし生クリーム、塩、こしょうを加えて混ぜる。


②フライパンを強火で熱し分量外のサラダ油、バターを入れ、強火のまま①の半量を流し入れる。


③空気を入れるように手早く箸でかき混ぜながら表面が少し固まってきたら火を止め、余熱で火を通す。バットなどに移し粗熱を取る。残り半量で②〜③を繰り返す


④パンにバター、マスタードを塗り、粗熱を取ったオムレツをはさむ。耳を切り落として4等分に切る。

オムレツサンド 作り方のポイント!

卵は混ぜすぎず、加熱時は強火で素早くがポイントです。7割程度火が通ったら余熱で仕上げます。
白食パンにバターとマスタード、そこにふわふわのオムレツをはさんで仕上げたシンプルなメニュー。
シンプルながらもオムレツは生クリーム入りなので奥深い味わいです。
パンとスープとお散歩日和
完成
パンとスープとお散歩日和

木漏れ日をあびながらおだやかな風に吹かれてサンドイッチをパクリ。
人や自然と共存して日々に感謝し、丁寧で上質な暮らしをつづける作品の
そんなイメージが伝われば嬉しいです。

ぜひおうちで作ったレシピは
TwitterやFacebookに投稿して頂けると嬉しいです☆
レシピや掲載内容について、ご質問やご要望があれば
お気軽にお問い合わせください。

TwitterFacebookお問い合わせ

Recipe,Styling: Yukari Hike
Editor: KUMACAFE
Design: tronc.inc
Photo: Yuichi Hazama

フードコーディネーター紹介

比家 ゆかり (ひけ ゆかり) フードコーディネーター/ジュニア野菜ソムリエ

大手食品メーカーの販促レシピ開発、スタイリングを行う他、自然食ビュッフェの商品開発、地方外食産業に向けたデザート講習会、フードコンサルティングなど幅広く活動中。
2013年ケータリングユニット「UNJOUR アンジュール」主宰。少人数から100人規模までのフードケータリングを手掛ける。
今後料理イベントやフードスタイリングを合わせたお料理教室を開催予定。
http://unjour-y.com/

ページの先頭へ戻る