熊本カフェ情報サイト・くまカフェ。熊本県内のカフェ・喫茶店・ランチ情報を掲載しています。

話題のキーワード

カフェ,オムライス,パフェ,パン,俵山,西原,アップルパイ,珈琲,テラス,デザインカプチーノ,

最近見たカフェ

サイト閉鎖のお知らせ

いつもくまカフェにアクセスしていただきありがとうございます。
2006年より運営してきました当サイトですが、
ここ数年サイト情報収集・更新・メンテナンスが追いつかない状況にありました。

誠に勝手ながら、2019年4月末・平成の終わりをもちまして、閉鎖することに決定いたしました。
約13年間、いろいろとカフェを巡り、多数の方へお世話になりました。
対面でひとりひとりお礼を言いたいところですが、現在県外に住んでいることもありそれも叶わない状況です。

やり残したことも多々ありますが、また違う形で実現できたらと思っております。
閲覧してくださって、ご利用していただいた皆様にもお礼申し上げます。

ありがとうございました。

vol.06 ホワイトチョコ×クリームチーズのとろけるケーキ

vol.06 ホワイトチョコ×クリームチーズのとろけるケーキ

材料※今回は、セルクル型6cm×5.4cmを6個(お持ちのケーキ型でもOK)

●生地

ホワイトチョコレート
135g
生クリーム
200g
クリームチーズ
200g
砂糖
40g
ゼラチン
5g
レモン果汁
大匙1
チョコレート(マーブルにする場合)
25g

●土台

ビスケット(お好きなものでOK)
80g
バター
45g
純ココア
10g

●トッピング

純ココア
適量
チョコレート
適量

作り方

土台作り

  1. ジップロックにビスケットを入れて、麺棒で細かくなるまで砕き、ココアと溶かしバターを入れてしっかり揉み込む。
  2. セルクルの底にアルミを巻きつけ、①を均等に入れていく。
  3. 指や麺棒や平なもので押し付けてしっかり固めていく。(ラップを敷くとくっつきません)
  4. 生地作りの間、冷蔵庫で冷やしておく。

生地作り

準備しておくこと
  • ゼラチンを水大匙2でふやかしておく
  • クリームチーズはレンジで柔らかくしておく(500Wで1分弱)
  • 生地用のホワイトチョコは細かく刻んでおく
  • (マーブルにする場合)ブラックチョコは刻んで湯せんでとかしておく
  1. 鍋で生クリームを沸騰直前まで温め、刻んだホワイトチョコを加えて溶かす。
  2. ボールにクリームチーズと砂糖を入れ、泡だて器orハンドミキサーで良く混ぜ、レモン果汁と①を加えて混ぜる。
  3. ゼラチンをレンジで溶かし(500Wで20秒くらい)、②に加えて混ぜる。
  1. 冷やしておいた土台に、生地を均等に流し込む。
    ※マーブル状にする場合
    1. 生地を半分流しこむ
    2.湯せんで溶かしたチョコを少し落とす
    3.絵を描くように混ぜる
    4.これを2回繰り返す
  1. 出来上がったものを容器に入れ、冷蔵庫で3時間〜一晩冷やす。
  1. セルクルを抜いたら、お好みでココアをふるうorピーラーで削ったチョコを振り掛けて、お好みでアラザンやミントを飾る。
    (温かいタオルでセルクルを巻き、数秒温めると型から抜きやすいです)


ホワイトチョコ×クリームチーズのとろけるケーキ
完成
ホワイトチョコ×クリームチーズのとろけるケーキ

ぜひおうちで作ったレシピは
TwitterやFacebookに投稿して頂けると嬉しいです☆
レシピや掲載内容について、ご質問やご要望があれば
お気軽にお問い合わせください。

ハッシュタグ
#くまカフェレシピ@Twitter #くまカフェレシピ@Facebook

TwitterFacebookお問い合わせ

Recipe,Styling: Yu Fukushima
Editor: KUMACAFE
Design: tronc.inc
Photo: Yuichi Hazama

フードコーディネーター紹介

福島 優 / フードコーディネーター ・ スタイリスト / 熊本出身

熊本の新鮮で美味しい食材に囲まれながら食に興味を持ち、フードプロ総合アカデミー日本校にて食に関して様々な視点から学ぶ。
フードコーディネーター資格取得後、現在はフードコーディネーターアシスタントとして勉強しながら、フリーランスとしても活動中。 多くの方が楽しく食卓を囲めるようなレシピ開発やスタイリングを提供していくことが目標。

ページの先頭へ戻る